若林区内において交通死亡事故が発生

  • 投稿日時:

7月2日(火)午前0時50分頃、若林区新寺地内の市道上において、50歳代男性の運転する普通乗用車が30歳代男性歩行者と衝突して、歩行者が死亡する交通事故が発生しました。
今年、県内では27件の交通死亡事故が発生し、28人が亡くなっています。そのうち、歩行者が亡くなった事故は8件目です。
車両を運転する際は、緊張感を持って運転に集中し、確実な安全確認を励行して、歩行者等の早期発見に努めましょう。これから暑い季節になります。運転中に眠気や疲れを感じたら、早めに休憩を取って、漫然運転を防ぎましょう。