週末に交通死亡事故4件が続発し5人が死亡

  • 投稿日時:

7月19日(金)から7月21日(日)の週末にかけて、仙台市内で交通死亡事故4件が続発し、5人の方が亡くなりました。内訳は、普通乗用車の単独事故(同乗者2人が死亡)が1件、歩行者事故が3件となっています。
今年、県内では32件の交通死亡事故が発生し、34人が亡くなっています。事故原因は、漫然運転や脇見運転、安全不確認や速度の出し過ぎが多くなっています。
車両を運転する際は、安全速度を必ず守り、緊張感を持って運転に集中しましょう。運転中に眠気や疲れを感じたら、早めに休憩を取りましょう。また、運転者はもちろん、後部座席を含めた全ての同乗者もシートベルトやチャイルドシートを正しく着用しましょう。
歩行者も、横断歩道、信号機等を利用した正しい横断の励行など、ルールを守って事故を防止しましょう。