軽貨物車単独の交通死亡事故が発生

  • 投稿日時:

4月8日(水)午後0時50分頃、大衡村大衡地内の県道上において、軽貨物車が道路左側の縁石に衝突し、80歳代男性運転者が死亡する交通事故が発生しました。
県内では、今年に入ってから15件15人の交通死亡事故が発生しており、8人の高齢者が亡くなっています。
現在、春の交通安全県民総ぐるみ運動(4月6日〜15日)を展開しています。車両を運転する際は、安全な速度を維持し、前をよく見て、確実な安全確認を実施するなど、安全運転を心掛けましょう。