高齢者死亡事故が連続発生

  • 投稿日時:

 6月16日(火)午後2時10分頃、仙台市太白区鈎取地内の市道交差点において、80歳代の女性が60歳代の男性が運転する普通貨物車にはねられ、死亡する交通事故が発生しました。
 県内では、今年に入り交通事故により、27人の方が亡くなっており、そのうち半数以上(27人中15人)の方が高齢者です。
 また、6月中に発生した交通死亡事故の死者5人は全て高齢者であり、高齢者死亡事故が連続発生しています。
 見通しの悪い交差点は、交通事故発生のリスクが高くなります。
 ドライバーは、安全確認を徹底し、車や歩行者などの早期発見に努め、相手の行動を予測して運転しましょう。
 また、歩行者は無理な横断はせず、車の動きをよく見て安全を確認してから道路を渡りましょう。