「フィッシングメール」に対する注意喚起について

  • 投稿日時:

「フィッシング」により、クレジットカード情報等の個人情報が盗まれ、不正に利用される被害が後を絶ちません。
「フィッシング」とは、実在する企業を騙ってメールを送り、正規のサイトとそっくりに作られた偽サイトに誘導し、ID・パスワード・クレジットカード情報・銀行口座情報などを入力させ、個人情報を盗み取る手口です。
「フィッシングメール」には、偽サイトや詐欺サイトに誘導するためのURLが添付されています。不審なメールに添付されたURLにはアクセスしないようにしましょう。
【防犯ポイント】
●メールに記載された内容を確認する場合は、添付されたURLのリンクからではなく、企業等の公式ホームページから確認する。
●メールに添付されたURLにはアクセスしない。アクセスしてしまった場合、そのサイトではID・パスワード等は入力しない。
●不審な場合には、クレジットカード会社もしくは警察に相談する。