重大交通事故が連続発生

  • 投稿日時:

 11月9日(月)午後7時25分頃、仙台市太白区鈎取地内の市道において、普通乗用車が道路脇の街路灯に衝突し、運転していた20歳代の男性が死亡する交通事故が発生しました。
 県内では、今年に入り交通死亡事故が36件発生し、そのうち約半数(36件中17件)が自車線をはみ出しての事故となっています。
 また、本日朝方には普通乗用車と歩行者が関係する重傷交通事故も発生しており、重大交通事故が連続発生しています。
 車両を運転する際は、緊張感を持って運転に集中し、安全運転に努め、県民一丸となって交通事故を防ぎましょう。