歩行者の交通死亡事故が発生

  • 投稿日時:

11月15日(日)午前9時50分頃、大崎市鹿島台地内の市道において、道路を横断中の50歳代の女性が70歳代の男性が運転する軽乗用車にはねられ、死亡する交通事故が発生しました。
県内では、今年に入ってから37件の交通死亡事故が発生し、37人の方が亡くなっており、うち13件(約35%)が高齢運転者による交通死亡事故です。
車両を運転する際は、運転に集中し、周囲をよく見て運転しましょう。
歩行者は、道路を横断する際は左右の安全確認を確実に行い、走行車両の直前・直後の横断をしないなど、ルールを守って道路を横断するようにしましょう。