車両単独の交通死亡事故が発生

  • 投稿日時:

 12月1日(火)午前0時40分頃、栗原市一迫柳目地内の県道において、普通乗用車が道路脇の立木に衝突し、運転手の30歳代の男性が死亡する交通事故が発生しました。
 県内では、今年に入り39件39人の交通死亡事故が発生し、そのうち18件(46.2%)が自車線をはみ出しての事故です。
 自車線はみ出しは重大事故に直結する恐れがあります。
 運転中は適度な緊張感を持ち、安全運転に心掛けてください。
 これから年末にかけて飲酒の機会が増え飲酒運転による重大事故の発生が懸念されます。
 過去10年間では、12月の飲酒事故が最も多く、11月の約1.4倍となる93件が発生しています。
 県民一丸となって死亡事故の発生をなくし、飲酒運転を根絶しましょう。