百貨店従業員等を装ったキャッシュカードすり替え型の窃盗事件発生

  • 投稿日時:

1月19日、仙台市青葉区内で、キャッシュカードすり替え型の窃盗事件が発生しました。
内容は、百貨店従業員や全国銀行協会を名乗る犯人グループから、「カードが偽造された、キャッシュカードを作り直す必要がある。」などと言われ、その後、自宅を訪問した銀行協会職員を名乗る男にキャッシュカードを手渡し、男から求められて印鑑を取りにいった隙にキャッシュカードを入れた封筒を偽物にすり替えられ、窃盗被害にあったものです。
〇銀行協会職員がカードを受け取りに行くことはありませんし、暗証番号を電話で聞くことも絶対にありません。
〇電話でキャッシュカード、クレジットカード、通帳などの話しをされたら詐欺を疑い、警察や家族に相談してください。