高齢歩行者の交通死亡事故が発生

  • 投稿日時:

 4月5日(月)午後4時10分頃、若林区遠見塚地内の交差点で、道路を横断していた80歳代女性が、40歳代男性の運転する普通乗用車にはねられて死亡する交通事故が発生しました。
 県内では、今年に入ってから12人の方が交通事故で亡くなっており、そのうち9人が高齢者です。
 ドライバーは、運転する際は適度な緊張感を持ち、周囲の安全を確認しつつ運転しましょう。
 歩行者は、左右の安全確認を確実に行い、車の直前後の横断をしないなど、ルールを守って道路を横断するようにしましょう。