春山シーズンにおける山岳遭難防止についてのお願い

  • 投稿日時:

 春山シーズンでは山岳遭難が多発します。
 今年は5月末までに14件15人の遭難が発生しています。
 これは、1月から5月までの過去10年間の発生件数の平均7.5件の約2倍近い数値となりますので油断禁物です。
 6月以降は、特に「登山」での遭難が多く発生する傾向がありますので、以下の点に注意してください。
1 入山前に綿密な登山計画を立てて確実に登山届を提出しましょう。
2 携帯電話や予備バッテリーなどの装備や非常食を携行しましょう。
3 登る前は体調を整えて無理な登山は控えましょう。
 「自分は大丈夫」という過信が思わぬ落とし穴です。山に入れば常に危険と隣合わせであることを忘れずに、入念な事前準備と慎重な行動に心がけましょう。