高速道路で二輪車の交通死亡事故が発生

  • 投稿日時:

6月13日(日)午後2時25分頃、白石市内の高速道路上で、自動二輪車が中央分離帯に衝突して、運転者の50歳代男性が死亡する交通事故が発生しました。
例年、夏の暑い時期になると、運転に対する集中力が低下し、漫然運転による死亡事故が多発する傾向があります。
特に長時間に渡って運転する場合は、走行計画や体調管理を万全にして、眠気や疲れを感じたら早めに休憩を取り、緊張感を持って運転しましょう。