サポート詐欺に注意!

  • 投稿日時:

「サポート詐欺」とは、パソコンの画面に突然、偽のセキュリティ警告画面を表示させて不安をあおり、画面に表示された電話番号に電話をかけさせ、パソコンを遠隔操作するソフトウェア等をインストールするよう促し、有償のサービス契約を装って高額な支払を求める特殊詐欺の手口です。
 宮城県内でもサポート詐欺被害が発生しており、7月中も同様の被害が確認されています。
 また、有償のサービス契約費用を、コンビニで電子マネーを購入して支払うように指示してくる場合があります。
 パソコンの画面に突然警告画面が表示されたりした場合は、
○表示された電話番号には絶対に電話をかけないようにする
○電子マネーを要求された場合は、家族や警察に相談する
ことや、パソコンのウィルス対策ソフトを常に最新版にして、サポート詐欺を防ぎましょう。