高齢歩行者の交通死亡事故が発生

  • 投稿日時:

 8月17日(火)午後7時40分頃、仙台市青葉区中央2丁目地内の国道で、横断歩道を横断していた90歳代男性が、10歳代男性の運転する軽貨物車にはねられて死亡する交通事故が発生しました。
 今年、県内では27件の交通死亡事故が発生し、27人の方が亡くなっていますが、そのうち17人が高齢者です。
 ドライバーは、適度な緊張感を持ち安全な速度を保って運転するとともに、周囲の安全をよく確認して下さい。
 夕方は、早めのライト点灯を心掛けましょう。
 歩行者は、道路を横断する際は左右の安全をよく確認し、信号を守る、横断歩道があるときは確実に利用する、車の直前・直後の横断をしないなど、交通ルールを必ず守りましょう。